最短で取得する|運転免許は最短でとれる合宿免許がおすすめ【激安コースでお得に取得】

取得まで最短!だから合宿免許は大人気

最短で取得する

女の人

早く卒業させたい理由が存在する

ほとんどの合宿免許が技能検定と教習にかかる追加費用を無しとしています。それを踏まえると、最短で卒業した方が、教習所の人件費と宿泊にかかる費用をコストダウンできます。とは言え、教習所のメリットのためだけに肝心のカリキュラム内容がスカスカだったら元もこうもありません。最短でも運転マナーや知識、技能スキルを磨くためのノウハウはしっかり学ぶべきでしょう。期間が迫っているからこそ、教官も生徒に寄り添いながら全力を尽くしてくれるのです。

気になる合格率

合宿免許の申し込みが盛んになると、どれも最短の文字が目に飛び込んできます。正直、飲み込みの早さはそれぞれなので半信半疑の人の方が多いのも確かです。あるデータでは、参加した半分以上の方が二週間足らずでクリアしていることがわかっています。細かくいうと、MTの場合7割から8割、ATはそれを上回る9割が卒業を果たしています。一方で、合宿免許だとパツパツのスケジュールだったり、気持ちに余裕が出なかったりと大変です。他の方法としては、地道に通い続けながら運転免許を取るというのがあるので、合宿免許と比較してから決めてもいいでしょう。

通うVS合宿免許

合宿免許の特徴

短い期間で全ての修了できるのが最大の特徴です。技能講習においては、乗車予約が不要なので面倒がありません。空きがない場合も別の科目を入れるなど、待ち時間を効率よく使うことができます。費用が安いので、節約意識が高い人向けの取得方法です。

通学の場合

時間に追われることなく、自分のペースでしっかり勉強したいなら通学が良いでしょう。送迎車に乗れば教習所まで連れてってくれますし、終わった後も自宅まで送迎してくれます。住み慣れた土地で取れる点も通学ならではの魅力です。

合格に役立ったこと

no.1

とにかく勉強を頑張った

一週間から二週間と非常に短い期間で全課程を終える必要があるので、学校が終わった後も学科や技能の勉強は必ず行うようです。また、わからないところを教え合いながら勉強をしたり、学科試験に出てくる標識の問題やマナーなどは繰り返す解いていったりしたら合格できたという人も大勢います。

no.2

体調管理に気を付けた

限られた時間の中で体調を崩したり、寝坊で遅刻したりすると授業に遅れが出る恐れがあります。それを取り戻すために人一倍勉強しなければならないでしょう。風邪薬やその他体調不良に効く薬はかばんの中に常備しておきたいものです。

no.3

試験に落ちないようにした

技能試験に落ちると、次受けるまで待たなければならないので、日数が大幅に伸びてしまいます。お金もその分発生しますから、皆必死になって技能講習に挑みます。後は、イメージトレーニングを試験の前日まで続けると効果大でしょう。

no.4

一日のスケジュールを頭に入れた

効率よく行動するためには、合宿免許のスケジュール管理を自分で行なうことも重要ですよ。最短で合格した人達はスケジュール表を使って、勉強をする日時といついつまでにこれをクリアするなどを調整し、書き込んでいます。ただ、勉強ばかりの毎日は息が詰まってしまうので、休校日は遊びに行くなどしてリフレッシュしましょう。

no.5

わからないところはすぐに聞く

学科にしても、技能にしてもわからないままにしておくのはいけません。疑問はすぐに質問をして試験に役立てることが試験合格へ近づかせるポイントになります。教官も最短で卒業させるために必死なので、質問には時間をかけてわかりやすく教えてくれます。